ユーザー至上主義の時代はもう終わった?

西欧では車買取する側も、売る側もきちんと立場を心得ている

高い工業生産、農業生産を可能にして、この時代のアメリカの社会を作り上げた重要な生産財、それがフォードT型モデルだったといえよう。もちろん、時には家族そろってのドライヴもしただろう。当時映画は人々にもっとも人気のある娯楽だった。1920年代までに全国で、少なくとも週に一回家族で映画を観に映画館へ行くという習慣が出来上がった。観客は中流階級にも拡がり、1927年までに合衆国には1万7000の劇場があった。多くの街の映画館はもっとも印象的な新しい建築であった。

生産財も時には人間の休息のための役目を果したのである。シニーカー教徒は1日の労働の疲れをロッキングチェアで癒した。彼らにとって椅子を含めてすべての道具は、自分たちの手で作らねばならない、日常の生活を営むための必需品だった。そこには流行とか贅沢は入り込む余地がない。純粋の機能を求めてものが作られる時、それは幾星霜を経ても、必然性からくる共通の美を人に感じさせてくれる。

ヘンリー・フォードは庶民の足として馬なし車を人々に提供した。その設計思想は、馬よりも頑丈で、長持ちして、経済的で、メインテナンスが楽で、操作がやさしく、しかも故障しても部品を交換すればすぐ元どおりになるという、まさに馬に代って馬を超えるものである。この特徴はあらゆるところに現れている。興味深い例を一つ挙げる。「許容荷重を超えるとまず後車軸が折損するよう応力が計算されていたらしい。これにより車は自走できなくなるが、けん引は可能であり、エマージェンシイ・ブレーキ(モデルTでは後輪ドラムがこれに相当する)を用いれば安定性も高く、当時の交通事情では停止できればよいのであった。
私も所有した自動車を何回も売りましたが、大抵は買い替えの時に新車を買うディーラーで車下取りに出しました。ディーラーに車下取りをしてもらうメリットはなんといっても手続きをすべてしてくれることでしょう。
一括見積をしてもらって、数社から連絡をもらいました。査定の日時や連絡などきちんとこなしてくれるお店だったので、車売却をお願いしました。やっぱり気持ちよく取引できるのっていいですね。
最近車を売りたくて、車買取の店に行って来ました。土日に家族と一緒に行ったのですが、お店のスタッフの方が丁寧でとても安心して、値段や買取のサービスなどいろいろ聞くことができました。


ベルギーにはフランス語とフラマン語という二つの国語がある。ベルギーは1830年に新教徒からのカトリック教徒の分離という、いわば宗教上のアイデンティティー確立というテーゼを発端として、北部のオランダ語を話すフランドル人と、南部のフランス語を話すワロン人が合同して生まれた国である。

以来、当時過半数を占めてフランスとの連合を望んでいた支配的地位にいたワロン人と、徐々に勢力を盛り返してきたフランドル人の対立は、何回かの衝突を経て現在互いに同等の地位を保っている。この二ヶ国語はあらゆるところに併記されている。通貨や切手はもちろんのこと、呼び名が異なる地名の道路標識、交通標識やスーパーマーケットのビラにまでも及ぶ。

最新情報
2013/09/16 オススメ記事を更新しました。
2013/09/12 新着記事を更新しました。
2013/09/11 現代の車づくりを更新しました。
2013/09/08 パトロンと芸術家たちを更新しました。
2013/09/06 アイデンティティーの主張を更新しました。
2013/09/04 優れた実用性への着想を更新しました。
2013/09/03 西欧では車買取する側も、売る側もきちんと立場を心得ているを更新しました。
2013/08/31 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
株式会社ティーバイティーガレージタックス月岡カーセンサーNet
無料出張鑑定、査定、買取のティーバイティーガレージのサイトです。正直をモットーにお客様の身近でカーライフのお手伝いをするTAX月岡のサイト。カーセンサーNetでは複数の買取店の見積もりを比較できますので、より高い金額での売却が可能です。